top of page

アレ

今年のプロ野球は阪神タイガースの38年ぶり日本一で幕を閉じました。岡田監督が就任直後から「アレ」を目指してと言って、いつの間にか2023年のチームスローガンも「A.R.E」に決まりました。明確な目標(Aim!)に向かって、野球というスポーツや諸先輩方に対して敬いの気持ち(Respect)を持って取り組み、個々がさらにパワーアップ(Empower!)することで最高の結果を残していくという想いが込められているそうです。アレはどんどん広がり、選手達もヒーローインタビューでアレに向かって、明日もいつもどおりの野球をしますと話していました。岡田監督がゲーム中に食べているアメがパインアレになったり、新語・流行語大賞にアレがノミネートされたりと、社会現象化しました。

一つの言葉が多くの人を巻き込んでブームとなり、大きなエネルギーを生み出していきました。その根底には「アレ」が単なるキャッチフレーズではなく、「優勝」という選手、ファンの共通かつ最大の目標であったからだと思います。物事の本質を伝え、共感を得るための知恵を出すことの大切さを改めて教えてもらった気がします。阪神タイガースの皆様、「アレのアレ」おめでとうございます。



閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AI法

Comments


bottom of page