自分ごと

10/14付けのブログに記したショパンコンクールの本選が日本時間の今朝終了し、反田恭平さんが見事2位に入賞されました。私も予選からファイナルまで動画配信で演奏を視聴し、たくさんの感動をいただきました。3次予選の英雄ポロネーズは渾身の演奏でパソコン画面からでも心が動かされ、本選の協奏曲第1番では本当に多彩な音色で楽しませていただきました。指揮者のアンドレイ・ボレイコさんと反田さんの自然なコンタクト、ワルシャワ国立フィルメンバーの充実した表情も印象的でした。そして、同じくファイナルに進出された小林愛実さんも4位に入賞されました。お二人は桐朋学園子供のための音楽教室からのお知り合いだそうで、幼馴染のお二人が同時入賞されるというのは凄いことですね。感動をいただいたお二人の演奏に心から感謝です。そして、コロナ禍に自宅に居ながらにして美しい映像と迫力ある演奏を観られたことはとてもありがたく感じました。

さて、昨日はお世話になっている神戸市産業振興財団主催の勉強会に参加してきました。内容は税制に関するお話でしたが、制度を学ぶだけでなく、制度の背景にある社会全体の大きな流れを見極め、その動きを如何に自分ごととして捉えてビジネスのヒントにしていくか、改めて大事なことに気づかせていただきました。



閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

一年