対立から融合へ

あけましておめでとうございます

昨年も長引くコロナ禍で様々な制約が続く一年でした。今年は明るい話題が増えて、新しい日常が現実のものになって欲しいと思います。新しい日常は、ICTの活用や少人数化によって人との接触を減らすだけではなく、より内面的な豊かさに繋がる活動が増えればと思います。忖度や虚礼をなくし、直接対話だけでなく様々な方法を駆使して、より広くよりフラットにコミュニケーションのとれる社会が実現すれば良いと思います。

そして、国と地方、官と民、リアルとバーチャルなど一見相反する二つを対立の構図とするのではなく、両者に関わる人が繋がり、双方の良さを尊重して融合することで新しい景色を見ることができるのではないかと思います。

本年が皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。



閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示