サルスベリ

気象庁は今年の梅雨入り、梅雨明け時期を確定し、全国的に6月下旬の梅雨明けとしていた速報値段階から約1か月近く遅い7月下旬に見直しました。また、東北と北陸では梅雨明けを特定できなかったそうです。

四季の移り変わりが明確で、梅雨入り、梅雨明けだけでなく、桜の開花や初霜、初雪といった現象で季節の変化を実感し、日々の暮らしの中で様々な準備を整えるなど、自然と共生しながら豊かな生活を送ってきました。

しかし、異常気象と言われる状況が毎年のように発生する中では、これまでの生活習慣だけでは準備不足に陥ってしまいそうです。古き良き文化を継承しつつも、新しい発想で日常生活をマネジメントしていく術も身に着ける必要がありそうです。

気象庁が梅雨明けしたとみられると発表した6月下旬から2か月以上が経過して、夕方散策をしていると少し涼しさを感じるようになりました。この間ずっと元気に咲き続けているサルスベリを見ると負けないように頑張らねばと思うとともに、百日紅と言われる所以を実感します。



閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

一年

先行き