​~ アドバイザー事業 ~

公共事業から公共施設の管理運営へ!

公共事業としてつくる時代から、公共施設を管理運営しつつ、適切な改築更新により持続的にサービスを提供していくことが求められる時代へと移っています。

その主役は経営やマネジメントの知識・技術を有する民間企業の皆様です。

アドバイザー事業①図1.png

​しかし、長期間にわたる管理運営には膨大な資金と長期的なリスクへの対応が必要!

適切な官民の役割分担はどうあるべきでしょうか?

運営権を民間事業者に設定するコンセッション方式も増加、しかし、リスクを負いすぎる懸念も!

PFI(コンセッション型、BTO型)、DBO、包括的民間委託、指定管理者制度など、様々な事業形態がありますが、官と民の適切な役割分担の決め手は何でしょうか?

アドバイザー事業①図3.png
アドバイザー事業①図4.png

官民連携の本質を理解し、貴社・行政・地域のWin・Win・Winを実現できる事業形態を自ら構築しませんか!

アドバイザー事業①図2.png